新着情報(お知らせ)

【ご案内】1月22日_令和4年度 防災とボランティアのつどい

お知らせ

「防災とボランティアのつどい 関東大震災から100年目を迎えるにあたり、
当時災害対応にあたったボランティアの取組を振り返る」が、
1月22日(日)に全社協・灘尾ホール+ オンラインで開催されます。
以下、プログラムの概要、申込方法となりますので、ぜひご参加ください。

────────────────────────────────────
▼令和4年度 防災とボランティアのつどい
関東大震災から100年目を迎えるにあたり、当時災害対応にあたった
ボランティアの取組を振り返る
https://www.bousai.go.jp/kyoiku/bousai-vol/index.html
────────────────────────────────────
【日時】令和5(2023)年1月22日(日) 13時30分~16時30分
【開催方法】全社協・灘尾ホール+ オンライン配信(Zoomウェビナー)
【主催】内閣府
【参加費】無料:どなたでも参加いただけます(事前申込制)
────────────────────────────────────
▼趣旨
2023年は、1923年(大正12年)9月1日に発生した関東大震災から
100年の節目に当たります。当時は「災害ボランティア」という言葉が
使われていたわけではありませんが、行政による炊き出しや
収容等の救護活動以外にも、民間によるボランティア活動が
果たした役割は大きかったと言われています。
今回の「防災とボランティアのつどい」では、
関東大震災発生時の救護活動について、当時活躍した日本赤十字社や
様々な地縁組織による活動を学び、現代に通じる被災者支援の課題や
現在の災害ボランティア活動の広がりについて考えたいと思います。

▼参加お申し込み
ウェブサイトよりお申し込みください。
https://dynax-eco.com/form/tsudoi2022/

※フォームに「参加方法」の項目がございますが、
オンライン配信(最大500名。申込者多数の場合は先着順)で
申込された方には、後日Zoom IDをメールにてご案内いたします。

────────────────────────────────────
▼プログラム(予定)
第1部 リレートーク 13:10-
テーマ:「関東大震災から100年を迎えるにあたり、
当時災害対応にあたったボランティアの取組を振り返る」
(登壇者)
・村上威夫氏/内閣府(防災)普及啓発・連携担当参事官
・安江一氏/日本赤十字社 事業局 救護・福祉部 次長
・高橋良太氏/社会福祉法人全国社会福祉協議会
 地域福祉部 部長
・秋田正人氏/公益財団法人東京YMCA 理事・統括

第2部 パネルディスカッション 14:50-
「テーマ:ボランティアのすそ野を広げる、多様な取組み」
(登壇者)
・大澤サユリ氏/日本防災士会副理事長、彩の国会議事務局
・長澤恵美子氏/日本経済団体連合会 SDGs本部 副本部長
・福田信章氏/災害協働サポート東京 業務執行理事・
 東京災害ボランティアネットワーク 事務局長
(コメンテーター)大島隆代氏/早稲田大学人間科学部 准教授
(進行)栗田暢之氏/
 全国災害ボランティア支援団体ネットワーク(JVOAD)代表理事

【お問合せ先】
 防災とボランティアのつどい事務局
  株式会社ダイナックス都市環境研究所 担当 津賀・鈴木
 〒105-0003東京都港区西新橋3-15-12 GG HOUSE 5F
 TEL :03-5402-5355